私の妻は非常に敏感肌で自分に合う化粧品がなくいろいろな買い求める化粧品ジプシーでした。合わない化粧品を使用するとかゆみや湿疹ができ、本当に大変そうでそんな姿を見て何とかしてあげたいといつも思っていました。

たまたま私は職業柄、化粧品に対する知識が一般の方たちより豊富でサロンで使用する毛髪修復剤などは自分で調合しており、髪の毛をできるだけ傷めないというコンセプトでお店を運営していました。

当初はインターネットや薬局などで原料を取り寄せて手作りをしていましたが、それだけではどうしても限界がありサロンの一部を改装して化粧品製造所を作り、化粧品製造業の許可を取得し本格的に毛髪修復剤の開発を行うことになったのです。

毛髪修復剤を開発する傍ら、刺激が少なくお肌のターンオーバーを正常化することを目的としたスキンケアの開発を始め、1年余りの試行錯誤の末肌の弱い妻が安心して使える化粧水が出来上がり、妻の肌荒れの悩みは嘘のように改善されました。その時期に同時進行で開発したのが現在販売中のいらうシャンプー・トリートメントです。

化粧水のほうは出来上がってからしばらくは妻専用だったのですが、我が家に遊びに来た友人や親せきに非常にとても評判がよく、分けてほしいとか販売はしないのか?とたくさんの人から言われるようになりました。中にはアトピーの人や某化粧品会社の石鹸を使用して小麦粉アレルギーになり通常の化粧品がまったく使えなくなった人もおられました。

最初は販売をしようというつもりはなかったのですが、2013年に販売を開始したいらうシャンプー・トリートメントの評判がとてもよく少しずつ自分の中で自信につながってきました。いらうシャンプー・トリートメントは私がプロの美容師として30年近くお客様の髪の毛に触れ、シャンプー・トリートメントを観察し続け本当に自分がお客様に使ってほしいという思いで作り上げたシャンプー・トリートメントです。

いらうシャンプー・トリートメントはバラのエキスをふんだんに使用しているのですが、そのご縁から島根県の大田市で無農薬にこだわってさ姫(※1)というバラを栽培している奥出雲薔薇園さんを紹介していただき、島根県出身の東京大妻女子大学の川口美喜子教授と化粧水を共同開発することとなりました。

さ姫の花弁を超高圧抽出法(※2)にてエキスを抽出し、妻のために作っていた化粧水をベースに改良を加え、何度も試作を重ねた末、いらう化粧水として販売することとなりました。

いらう化粧水は合成着色料、合成香料不使用にこだわり天然のバラの香りと色素を最大限引き出しました。

※1 さ姫 香りの薔薇「さ姫」は、(1)通常のバラよりも極めて強い芳香 (2)色鮮やかな紅色 (3)香りの品質がとても上品 (4)通常のバラよりも2〜3倍の大輪 (5)開花時期が5月〜11月末までと長期間で継続的、といった特徴があります。
※2 超高圧抽出法 水圧によって大気の1000倍の圧力を簡単かつ安全に掛けられ、その圧力は地球上で最も深いと言われるマリアナ海溝の深さ、深海1万メートルと同じ圧力に相当します。